江戸川区の注文住宅工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~18:00(火水・祝日定休)

家づくりを支える職人さん~現場監督編~

投稿日:2015年12月15日

8b15f8c084e1916efc7989d9fd510903_s

みなさん、こんにちは。寒さもだんだんましてきて防寒が大事になりましたね。一年は早いもので今年も残り一か月を切りました。私は今年も大掃除は早い段階からやっております。みなさんはいかがでしょうか?さて、今回は現場の要の現場監督さんについてご紹介したいと思います!

目次

  • はじめに?
  • 現場監督の仕事
  • 現場監督に必要なもの
  • まとめ

はじめに?

現場監督とは、大工さんのように家を建てるのではなく、設計士のように図面を書きません。では現場監督さんとは、何の仕事をしている人でしょうか?

現場監督の仕事

現場監督の最大の仕事は工程管理(段取り)です。住宅の仕事は多岐にわたる下請を使う必要があります。地盤補強☛基礎工事☛大工工事っと続きますが、それぞれの下請に、いつから現場に入って、いつまでに終わらせるのかとういう段取りを行います。上棟してからも、いろいろな下請が重複して入ってきますが、前工程が遅れていれば、次の工程で入る下請を後にずらすといった工程の調整が必要になります。現場監督は、もっとも適切なタイミングで、それぞれの下請を入れる指示を出さなくてはいけません。これは会社の仕組みによっても違いますが、現場監督が実行予算、いわゆる工事原価を最終的に組む場合が多く、事務所では工期の打ち合わせ、下請への発注を行っております。仕事は、実行予算を決める☛下請を入れるタイミングを計る(工程管理)☛現場を回るといった仕事を行います。

現場監督に必要なもの

現場監督は現場で指示を出しているだけではありません。工程管理、事務処理など現場監督は、資格の数でも、経験年数でも、年齢でもなく、大切なことは、正直さと、約束を守るという点です。挨拶は笑顔で大きな声でできているか?約束の時間は守っているか?質問にはすぐ答えられているか?解りやすく説明してくれるか?職人さんと仲良く仕事をしているか?です。資格はもちろん必要で大事ではありますが、やはりどの仕事においても一番は人として認められるかだと思いますね。

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?家を建てていく間、様々な職人さんが携わりますがその管理をしているのがこの現場監督さんです。安心安全に家づくりを行うために日々現場監督さんは考え、仕事を行っております。ちなみに弊社では現場監督が主催の木工教室を開催しております。イスを作ったり、漆喰(しっくい)を塗るなどの体験が出来ます。現場監督と触れ合えるいい機会なのでぜひご興味がありましたらお問い合わせください。

この記事を書いた人

三宅 隆太

三宅 隆太

三宅 隆太の書いた記事

2015年12月15日 投稿|