江戸川区でこだわりの自然素材や無垢材や漆喰をふんだんにとりいれた注文住宅を建てることを得意とする工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~17:30(火水・祝日定休)

理想の家づくりのために        その32 「現場検査へ行こう!」

投稿日:2021年11月06日

朝、晩は冷えて来ましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?代表の田中榮一郎です。

 今回は、現場検査について、お話ししますね。

株式会社ニットー住宅では、第三者機関である日本住宅保証検査機構(JIO:ジオ)さんが、建物の保証をしてくれます。保証するからには、JIOさんはしっかりと建物を検査をしてくれます。

工事中に行われる検査は、このJIOさんのものが完成までに計4回行われます。

具体的には、

  1. 基礎配筋検査。これは、コンクリートを打設すると、鉄筋の配筋が見えなくなりますので、しっかりと配筋されているかをJIOさんがしっかりと見ます。

  2. 躯体検査。これは、躯体工事完了時に行います。耐力壁が設計通り入っているか、柱等の位置や接合金物が緊結されているかをJIOさんがチェックします。

  3. バルコニーの防水や外壁、開口部の防水措置(防水紙、防水テープ等)の検査。これは、大切な建物が雨漏りしないようにJIOさんが検査します。

  4. 完成検査。これは、完成時に設計図書通りかをJIOさんがチェックします。

 たくさんあるので大変ですが、各検査の日程と内容を把握し、できれば立ち会いましょう。「JIOさん任せ、業者任せ」ではなく、建て主本人が「自分の責任」と言う意識を持つことが大切です。今回のJIOさんの現場検査は、定められた設計施工基準に適合しているかを確認するもので、基礎の検査が主体です。この週に、翌週の建て方(上棟)に備え、工事管理者と工事責任者は、柱や土台などの構造材に使用する木材の確認のためにプレカット工場に一緒に行きます。プレカット工場では木材の品質、等級、含水率、寸法等の確認が行われます。

家づくりが進んだらチェック!

□現場検査に立ち会う(住宅瑕疵担保責任保険)。

□検査結果の報告を受けよう。

この記事を書いた人

田中 榮一郎

田中 榮一郎

理想の家を毎日追い続けています! 皆様の家を造るにあたって、私の経験が活かせればこの上ない幸せです。 一級建築施工管理技士・宅地建物取引士

田中 榮一郎の書いた記事

2021年11月6日 投稿|