江戸川区の注文住宅工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~18:00(火水・祝日定休)

浸水履歴

投稿日:2020年06月19日
自然素材で注文住宅を建てる江戸川区の工務店ニットー住宅 ハザードマップ 浸水履歴

みなさんこんにちは!自然素材で注文住宅を建てる江戸川区の工務店ニットー住宅不動産部の田中雄一朗です。

みなさんは自分の住んでいる地域のハザードマップを見たことはありますか??近年は異常気象も手伝ってゲリラ豪雨が劇的に増えました。その結果浸水エリアができるようになりました。

ハザードマップでよく注目されるのは、液状化しそうな地盤であるかどうかと津波が来た時に浸水するかどうかといったものだと思います。

もちろん、不動産の取引においてもそれらは確認するのですが、地震や津波よりも圧倒的に頻度の高いゲリラ豪雨や台風による浸水の履歴を確認することが重要になります。

浸水の履歴は役所に保存されており、ネット上からは確認できないこともあります。その際は、危機管理系の管轄部門が管理をしていますので、問い合わせをしてみましょう。

写真の事例は、埼玉県草加市の事例ですが、昨年10月12日の大型台風の履歴が記録されていました。

自分が住んでいる地域の潜在的なリスクを知る上でも、参考になりますので、役所に行くことがありましたら調べてみてはいかがでしょうか??

この記事を書いた人

田中 雄一朗

田中 雄一朗

リノベーション営業担当の田中です。 まるで新築のような仕上がりになるRe住むリノベーションをご案内しています。中古は構造躯体をそのまま使用して内装にお金を掛けることができますので、自分の思い描いていたライフスタイルを実現しやすい家づくりのひとつの方法だと思います。 休日はカフェ巡りや雑貨巡りをしています。

田中 雄一朗の書いた記事

2020年6月19日 投稿|