江戸川区の注文住宅工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~18:00(火水・祝日定休)

失敗しない家づくりの手順をご存じですか?

投稿日:2015年08月07日

失敗しない

みなさんおはようございます!!
暑さが本格化してきましたね!
最近は、イオンモール幕張新都心で朝とれたての生しらすを買ってきて、生しらす丼をつくることがマイブームな田中雄一朗です。
本日は、実際家を建てたいと思ったものの、なかなか何から始めたらいいのかわからない方へ失敗しないための家づくりをお話していきます。

今回は大まかな流れのみとなりますが、今後のブログの中で、細かな内容まで書いていきますよ!

目次

  • 家(マイホーム)を手に入れるまでの流れ
  • 資金計画について
  • ライフスタイルの整理について
  • 土地選びについて
  • 土地購入について
  • 建物プランの完成&請負契約
  • まとめ

マイホームを手に入れるまでの流れ

1

まず、失敗しない家づくりを行うにあたって、オススメの流れをまとめてみました。
流れとしてはざっくりみると上図のような流れになります。

資金計画について

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

まずは、今後のライフプランを書き出してみましょう!
お子さんがいらっしゃるようでしたら、教育費の検討をした上でマイホームに当てられる資金を計算して提示することが必要になる場合があります。このようなお話はファイナンシャルプランナー(FP)の方など、専門に相談を受け付けている方へご相談することが良いかと思います。

次に、土地と建物ごとにおいくらまでかけることができるのかを検討することが必要になります。
この時の注意点としましては、不動産取得税や、固定資産税の清算に関わる税、土地と建物に関わる登記料(この土地と建物は私のものです。と法務局に申請することとイメージしていただければと思います。)
これらの諸費用として総予算の10%程度は見ておいた方がよいと思います。
住宅ローンを組むのか組まないのかなど、様々な資金のことをここで計画しておきます。

ライフスタイルの整理について

b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_s

資金計画と同時並行で考えて頂きたいのが、ライフスタイルの検討です。平日と休日のお家の中でどのように生活をしているのかを紙に書き出してみてください。これをプランの作成の前に検討しておくことで、オプションが過剰になっていないか?必要なオプションまで削ってないないか?ということについてご自身でチェックすることができます。
例えば、お子さんの勉強をいつも教える習慣のあるご家族には、リビングのどこかに広めのカウンターがあった方が良いですよね!奥様やご主人様がお友達をよんでホームパーティーをすることがお好きであれば、フルフラットキッチンを導入したり、対面キッチンのお向かいにカフェカウンターを設置したりするのもよいですよね!
ご予算もありますので、妥協できるものと妥協できないものを分けてみることをお勧めします!

土地選びについて

c623f972195b5102e0808d2af07c4b4e_s

さて、上記のポイントを通過したら、いよいよ土地選びです。
ここでのポイントは、大まかでよいので、ご自身が子希望されているプランが入る土地かどうかです!どんなに土地の条件が良い物件でも、建物が入らなければ、価値のない土地になります。
よくお伺いするご要望としては、南向き道路・採光抜群で駅から徒歩5分…といった夢のような物件です。しかし、このような物件は大変高額な物件となります。予算のなかから、土地だけにそんなに出してしまうと、肝心な建物にお金がかけられなくなってしまいます。
そうしたら、どうするのか!うまいこと建物を工夫して、お買い得な土地を探します。
例えば、北向きであっても、窓をできるだけ天井に近い部分に設置したり、天窓を設置して採光の問題を解消することなどで建物の工夫で解消できることが多いのです。
そのような状況も考慮してくれる不動産会社さんを選ぶことが重要です。
そのような状況の不動産会社をどう選ぶのか!それは、土地・建物・施工を一貫してみてくれる会社さんにお願いすることです。
そうすれば、プランのことも考慮した土地選びをしてくれます。

土地購入について

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s

ついに購入です!
しかし、ここを過ぎればもう引き返すことはできません。
大切な決断です。コワイと感じることもあるかと思います。環境が変わることもコワイですし、ローンを組んだらそれから債務という責任がやってきますので、それもコワイです。
ですが、ここで少し想像してみてください。
これまで決められた規格のマンションにご家族のライフスタイルを、押し込んで生活したことに対して、今度はご家族のライフスタイルに合わせてお家をつくることができるのです。趣味を謳歌する部屋だってつくることができます。想像しただけでも家づくりはワクワクしませんか?
家づくりによってご家族がこれまで我慢していたものが解消されることは非常に魅力的だと思います。
土地の購入はその一歩になります。これまで自分が準備してきたものを信じて、契約を進めましょう!

建物プランの完成&請負契約について

82c4cc2ee478a9ffc2ccbf684460fb46_s

土地が決まれば、本格的に設計作業が始まります。
どんなオプションをつけるのか、間取りや大まかな仕様はここで決定します。
資金の面もありますので、ここでライフスタイルの整理をした成果が出てきます。
ご自身が優先するものをまずは組み入れてもらい、見積もりを出してもらいましょう!
それに納得したならば、設計会社と設計請負契約・施工会社と請負契約を結び、実際に家が建てられる図面を作成してもらい、それが完了すると建築工事の着工となります。
もし、ワンストップですべてを請負う会社さんであれば、その会社単体で土地探し・設計・施工を請負ってもらえますので、手間もかかりませんし、顔馴染みの方と最後まで家づくりをしますので、安心できますね!

まとめ

ざっとみてゆくと、この流れが家(マイホーム)を手に入れるための流れとなります。
ポイントは【資金計画】と【どんな生活をしたいのか?~ライフスタイルの整理~】がしっかりできているかどうかです。
冒頭でもお伝えしましたが、今後のブログの中で、もっと細かな内容まで書いていきますので、ご期待ください!

この記事を書いた人

田中 雄一朗

田中 雄一朗

リノベーション営業担当の田中です。 まるで新築のような仕上がりになるRe住むリノベーションをご案内しています。中古は構造躯体をそのまま使用して内装にお金を掛けることができますので、自分の思い描いていたライフスタイルを実現しやすい家づくりのひとつの方法だと思います。 休日はカフェ巡りや雑貨巡りをしています。

田中 雄一朗の書いた記事

2015年8月7日 投稿|