漆喰と珪藻土の違いをご存じですか?

投稿日:2015年07月31日

150727_121824

最近、室内の仕上をビニールクロスから塗壁にされる方が増えて来ています。塗壁には大きく分けると、漆喰と珪藻土があります。では、どちらが良いのでしょう?

目次

  • 漆喰のメリット・デメリット
  • 珪藻土のメリット・デメリット
  • まとめ

 漆喰のメリット・デメリット。

漆喰は消石灰を主原料とした材料で、空気中のCO2を吸って石になっていく材料です。

漆喰のメリットは
1.火に強い
2.メンテナンスが容易
(汚れは、消しゴム→サンドペーパー→上から塗るで解決します。)
3.湿気を吸ってくれる
4.強アルカリ性のため、ウィルスが死滅する
5.約5000年の歴史がある
6.静電気を帯びないので、臭いや埃の粒子が付かない

漆喰のデメリットは
1.伸び縮みしないので強い揺れには割れる材料である
2.価格がビニールクロスより高い
3.施工日数がビニールクロスよりかかる
4.強アルカリ性のため施工時に目に入ると失明の恐れがある

 珪藻土のメリット・デメリット。

珪藻土は、海中の植物性プランクトンが化石したものです。

珪藻土のメリットは、
1.火に強い
2.メンテナンスが容易
(漆喰と同じ)
3.調湿性は抜群
4.落ち着いた色合い
5.静電気を帯びないので、臭いや埃の粒子が付かない

珪藻土のデメリット
1.固まる材料ではないので、樹脂が入っている場合がある
(弊社で使用している珪藻土はMPパウダーのMP-Hで、80%珪藻土で樹脂は入っておりません。)
2.素材の色の系統が決まっている
3.価格がビニールクロスより高い
4.施工日数がビニールクロスよりかかる
5.歴史は20年そこそこ

 

 まとめ

漆喰と珪藻土のメリット・デメリットを上げてきましたが、やはり実物を見て頂いて時のご自身の感覚が大切だと思います。
双方を見て、比較した時に感じるモノが必ずあります。その感覚を大切にされてはいかがでしょう?

この記事を書いた人

田中 榮一郎

田中 榮一郎

理想の家を毎日追い続けています! 皆様の家を造るにあたって、私の経験が活かせればこの上ない幸せです。 一級建築施工管理技士・宅地建物取引士

田中 榮一郎の書いた記事

2015年7月31日 投稿|