江戸川区の注文住宅工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~18:00(火水・祝日定休)

マンションの天井のヒミツ

投稿日:2020年02月21日
江戸川区で注文住宅を建てる工務店ニットー住宅 マンション天井

みなさんこんにちは、ニットー住宅の田中です。

いつも木造についてお話しをする機会が多いのですが、本日はマンションの天井についてお話ししたいと思います。

マンションの天井は写真のように、木ではなく、軽天と呼ばれる軽量の鋼鉄製の梁が用いられることが多いです。写真のように骨組みを軽天で作り、この骨組みに石こうボードを軽天用ビスで留め付けます。では、この軽天自体はどこに留めるのか?少し見えにくいですが、コンクリートの天井部分にはあらかじめねじ切りした穴があり、ここからインサートと呼ばれる部材をねじ込んで、インサートに接続して吊ります。もし、スケルトンリノベをした現場見学会やリノベ済みの躯体むき出しのカフェなどに行かれますと、インサートを用いてエアコンや配線を吊っている様子をみることができるかと思います。このようにしてマンションの天井は作られていきます。意外と、骨組みが多いですよね?ですので、天井にダウンライトを埋め込む場合には、この軽天を避けないと取付できません。現場ではそのようなことにも気を配り、施工をおこなっておりますので、このような見方で施工中の現場については考えて頂ければと思います!

この記事を書いた人

田中 雄一朗

田中 雄一朗

リノベーション営業担当の田中です。 まるで新築のような仕上がりになるRe住むリノベーションをご案内しています。中古は構造躯体をそのまま使用して内装にお金を掛けることができますので、自分の思い描いていたライフスタイルを実現しやすい家づくりのひとつの方法だと思います。 休日はカフェ巡りや雑貨巡りをしています。

田中 雄一朗の書いた記事

2020年2月21日 投稿|