江戸川区の注文住宅工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~18:00(火水・祝日定休)

上陸っ!! 無人島『猿島』

投稿日:2016年11月27日

みなさんこんにちは。
リノベーション営業担当の田中です。

dsc_0530

 

先日、宅建江戸川支部青年部会研修というものに参加してきました。
みなさんは横須賀からフェリーにて渡れる無人島「猿島」をご存知でしょうか。

dsc_0565

この島は昨年、手ぶらでBBQができる無人島として脚光をあびました。
人力で掘られたトンネルの跡に草木の根がはみ出している空間が
ジブリ作品の天空の城ラピュタのようにみれると話題にもなりました。
もともとこの島は旧日本軍によって、砲台などを設置した基地がありました。
ここから、高射砲の打ち上げなども行い、終戦の2週間前まで戦ったそうです。

島内には、現在もイギリス軍による威嚇射撃による銃弾の痕が千葉県の
鋸山から切り出して積まれた石に残っています。

建築の目線から見ていきますと、現存している弾薬庫やトイレの建物、発電設備の建物などに、使われているレンガに特徴があります。
この猿島では、オランダ積み・イギリス積み・フランス積みが使用されていますが、
建築された年代によって施工方法が異なるために発生した違いのようです。

島内の石積をみても、左側の壁と右側の壁とで大きさが異なっている部分もあります。
また、弾薬庫にて火災を起こさずに、灯りを取るたの工夫があたり、
トンネルの天井は崩落を少しでも防ぐために、小端立てで施工していたり、
見どころが満載の無人島になります。
dsc_0551

みなさんも、是非、猿島に行ってみて下さい。
img_20161125_170046

 

ちなみに、午後5時以降になりますと、法律にて、島に残ることができません。
もし、取り残されてしまった、場合には、チャーター便にての回収になりますので、
3~5万円にもなるそうです。(笑)

この記事を書いた人

田中 雄一朗

田中 雄一朗

リノベーション営業担当の田中です。 まるで新築のような仕上がりになるRe住むリノベーションをご案内しています。中古は構造躯体をそのまま使用して内装にお金を掛けることができますので、自分の思い描いていたライフスタイルを実現しやすい家づくりのひとつの方法だと思います。 休日はカフェ巡りや雑貨巡りをしています。

田中 雄一朗の書いた記事

2016年11月27日 投稿|