江戸川区でこだわりの自然素材や無垢材や漆喰をふんだんにとりいれた注文住宅を建てることを得意とする工務店 ニットー住宅ロゴ

TEL 03-3677-2111

営業時間: 9:00~17:30(火水・祝日定休)

先出しジャンケン

投稿日:2021年06月03日

 こんにちは!田中榮一郎です。最近、「後出しジャンケン」をして、批判されているケースが目につきます。後から、話を聞くと「なるほど!」と合点がいくものばかりなので、とても残念です。
 例えば、ワクチンの接種で、高齢者にドタキャンがあったので、代わりに市長が接種しました。市長は記者会見で「私も医療従事者です!」と弁明されていましたが、何か喉の奥に引っかかっているように感じたのは、私だけでしたでしょうか?
 市長は市政を預かる身ですから、ウィルスに感染したら大変なことになります。(以前、私もインフルエンザが流行っている時に社員に向かって、「インフルエンザ禁止!」と言ったとたんに、インフルエンザにかかってしまったという苦い経験があります(反省)。)なので、ドタキャンでワクチンを捨てるのであれば、市長さんに接種するというのは正しいように感じます。
 ここで、ひと工夫が欲しいですね。つまり、先を読んで、ルール化しておけば良かったのですよ。「こういう時は、こういう風にしようと思いますがいかがですか?」という具合に。まぁ、ここで私が「後出しジャンケン」しちゃ、怒られますけどね(笑)。

 また、全仏オープンテニスの大阪なおみ選手の試合後の記者会見ボイコットからの、主催者側からの罰金制裁からの、大阪さんの試合の棄権の発表ですね。これも、通常、試合が終わったら記者の方々がインタビューのためにワザワザ集まっているわけですから、突然ボイコットしたら失礼に当たります。大阪さんは、事前に、「今日は、勝っても負けても試合後の記者会見はやらないです!」と言っておけば、良かったなぁーと思います。「先出しジャンケン」は大切です。

 弊社では、「後出しジャンケン」は禁止です。管理すべき事項は最小限が理想ですが、会社を円満に改善して行くには、後からルールを作ると「なんだよ、それ?」となって皆のヤル気が失せてしまいます。ですので、「先出しジャンケン」です!良く「俺がルールだ!」という社長さんもいらっしゃいますが、少し前はセーフでしたが、今の時代は完全にアウト!です。

 「先出しジャンケン」は負けることもありますが、その潔さが逆に合理性を持たせ、説得ではなく、納得性を持たせるものだと感じています。常に先を読んで、「先出しジャンケン」ができるようにしたものです。

田中 榮一郎
2021年6月3日 投稿|