あなたの土地は大丈夫?ハザードマップを確認しよう

投稿日:2015年10月24日

DSC05891

こんにちは!ニットー住宅の松尾です。

家を建てる時や引越しの時など、その場所がどんな土地なのか気になりますよね・・。
そんな情報が載っている資料の一つにハザードマップがあります。
いつ突然やって来るかわからない災害に備えて、自分が住んでいる地域はどんな被害を受けやすいのか、いざという時何処に避難すれば良いのか・・ハザードマップを活用して、備えて置きましょう!
今日はハザードマップについてお話いたします。

目次

  • あなたの土地は大丈夫?
  • ハザードマップを確認しよう
  • まとめ

あなたの土地は大丈夫?

以前にもお話ししましたが、家を建てる際、土地探しは重要なポイントですよね。
その土地がどんな特質を持っているか、見た目だけでは判断ができません。
地名や地形からある程度想像する事も出来ますが、それだけでは安心できませんよね。
過去に起きた災害でどんな事が起こっているのか・・また、今後想定出来る災害に対しどのくらいの被害が想定されるのか・・。
あなたの住んでいる土地がどんな土地なのか知っておく事はとても重要です。
情報収集の手段として、ハザードマップを活用し、いざという時に備えておきましょう!

ハザードマップを確認しよう

ハザードマップは区役所などで無料配布しています♪
掲載内容は、防災関連機関の連絡先、災害伝言ダイヤルの仕方、水害が起きた時に想定される浸水区域情報、避難所等・・
例えば浸水の際どのくらいの深さまで浸水の可能性があるのか、わかりやすく地域によって色分けされています。
避難場所についても、一般避難者と要援護者の避難場所が違う事があります。
ハザードマップには避難準備・指示の時期なども掲載していますので、参考にして、避難が遅れないように動けるよう心掛けておくと良いですね。
都市型災害では、マンホールへ雨水が激しく流れて吸い込まれてしまう被害や、地下室に水が流れ込んで水圧で扉が開かないなどの被害も想定されます。
まずはハザードマップを良く見て、災害に備えましょう!

まとめ

最近は大雨による洪水や地震による津波の被害、竜巻に噴火など、想定外の被害を受ける災害が多く発生しています。
本当に怖いのはその土地がどんな土地かではなく、いつやってくるかわからない災害に対して目をそむけ、何の準備もしない事ではないでしょうか。
私自身、皆さんに言えるほど何か備えているわけではございませんが、皆さんに発信する事で改めてハザードマップの確認をして、災害に備えてみようと思います。

この記事を書いた人

松尾 恵美

松尾 恵美

松尾 恵美の書いた記事

2015年10月24日 投稿|